毎日の通勤電車では何をする?働くママにオススメの過ごし方

郊外から都市部に通勤している方々にとって避けて通れないのが、毎日の通勤電車。
特に東京都内へ向かう電車はいつも恐ろしいほどの満員になっています。

私も電車の混雑ランキングで常に上位をキープしている、東急田園都市線に乗って通勤をしています。
目的地に着く頃には超満員で降りるのも一苦労ですが、乗っている間はスマホや本を読むことくらいは可能です。

ここでは、電車に乗っている時間を少しでも有意義に使える方法についてご紹介します。

スマホでSNSチェックよりも読書がオススメ

電車内では手持ち無沙汰になるため、ついついスマホの画面を見てしまいます。
私もTwitterやインスタを見ることがありますが、情報が流れてくるのを目で追っているだけでほとんど意味がないことが分かりました。

これだとただの時間の浪費になってしまってとてももったいないです。
ワーキングマザーは仕事以外の時間は家事と育児があるため、自宅でゆっくりと自分の時間を持つことができません。

そうなると隙間時間を見つけるしかないのですが、通勤時間はまさにうってつけなのです。

私は通勤時にはカバンの中に本を入れて、会社の最寄駅に着くまでずっと読んでいます。
オススメなのは軽くて持ち運びやすい新書や、細切れに読めるエッセイ集ですね。

写真がふんだんに使われた旅行記やアート本もいいと思います。

重要なのは、本を読むことで自分の意識を満員電車や仕事からなるべく遠い世界に持っていくことです。

そして読書はスマホよりも、紙の本で行ったほうがいいです。
スマホは途中でSNSが気になってチェックしてしまったり、LINEやらメールなどの雑事が入ってきたりして集中することが難しくなるためです。

生協やネットショップの注文を通勤時に済ませておく

もう一つの過ごし方は、生活に必要な買い物の注文を朝の通勤時間で済ませることです。
ついつい忘れがちな生協やネットスーパーの注文….自宅でバタバタしながらするよりも、時間の取れる通勤電車内でした方がゆっくり選ぶことができ、注文ミスなども防げます。

私はパルシステムとイトーヨーカドーのネットスーパーを利用していて、電車内で一週間の献立を考えながらスマホで済ませています。

子どもが使う学用品も、思い出したら朝に注文しておくようにしています。(仕事が終わった後だと忘れてしまう…^^;)

語学や資格の勉強も◎

仕事と子育てをしていると、スキルアップのための勉強をする時間がないのも悩みどころ。
毎日コツコツ続けることで効果を発揮する語学や資格の学習も、電車内で行うことができます

私は定期的にTOEICを受けているので、単語集や文法の本を読んだり、スマホアプリで単語テストをこなしたりしています。

タブレットやパソコンを開くのはNG

混雑している車内では、タブレットやパソコンを開くのはおすすめできません
たまに立ったままタブレットを見ている人を見かけますが、満員電車では場所を取りすぎるのと、もし落とした場合に故障するだけでなく他の人に当てて怪我をさせてしまう恐れがあります。

また、座席に座れた際にパソコンを開いて作業をするのもやめた方がいいでしょう。
パソコンの画面は、周りの人から丸見えの状態です。(覗き込み防止シートが貼ってあっても、見ようと思えば見えます)

キーボードを打つときに隣の人にヒジがあたってトラブルになる可能性もありますから、満員の車内では避けた方が安心です。

満員の電車はストレスが多く疲れますが、少しでも有意義な時間にしたいものですね。