ワーママの忙しさの正体は?時短術を活用して自分の時間を確保しよう

ワーママの生活は本当に大変ですよね。

先日、普段から感じていることを何気なくツイートしたら思った以上に反響があり、多くの方にいいねをして頂きました。

そこでワーママはなぜこんなに忙しいのか、また自分の時間を持つにはどうしたらいいかについてまとめてみましたよ。

とにかく時間がない!ワーママの1日

私は小3の娘と、保育園年長の息子を育てながらフルタイム(9〜17時)で働いています。
子ども達は赤ちゃんの頃ほどではありませんが、まだまだ親のお世話が必要な年齢です。

私が朝起きてから、寝る前までのタイムスケジュールがこちらです。

私の1日
  • 5:30 起床 朝ごはんを食べながら洗濯機を回す、子ども達の登校・登園準備
  • 7:00 子ども達を起こして朝食を出す、着替えのサポート、洗濯物干し
  • 7:45 私と娘が家を出る(息子は夫が保育園に送っていきます)
  • 9:00〜17:00 仕事 金融関係の会社でオフィスワーク
  • 17:30 娘の学童→息子の保育園の順にお迎え
  • 18:00 帰宅 子ども達の洋服や水筒、着替えを出して整理、夕飯の準備
  • 19:00 夕飯 終わったらすぐにお皿洗い、お風呂の準備
  • 20:00 お風呂
  • 21:00 子ども達就寝、やっと自由時間が…

ちなみに家事のほとんどは私が担当していて、朝も夜もワンオペです。
その上仕事もフルタイムなので、時間がないのは当然なんですよね…

忙しい理由その1:家事と育児がワンオペ

時間がないと感じている方の多くは、家事と育児をほぼ1人で担当している(いわゆるワンオペ)に当てはまるのではないかと思います。

特に朝の子どもにかかる準備と、夕方のお迎え・家事はママが全て抱え込んでいるパターンが多いのではないでしょうか?
私もまさにこの状態なのですが、子どもの支度は自分でやった方が早いし、夫は毎日深夜帰宅だから全く分担ができていません。

忙しい理由その2:子どもがまだ小さい

夫婦だけで共働きをするのと、小さな子どもがいる状態で共働きをするのとでは大変さがまるで違ってきます
特に日本では保育園に入るのも待機児童問題があって難しいですし、やっと入れたとしても子どもが体調を崩してお休み…なんてこともしょっちゅうです。

また、子どもが成長して小学校に入ると、今度は小1の壁が待ち構えています。
放課後をどう過ごすか、夏休みなどの長期休暇はどうするかといったこともワーママには頭の痛い課題です。

落ち着いて仕事に取り組めるようになるのは、子どもが小学校高学年以上になってからだと思います。

ネット、家電、家事サービスなどをフル活用しよう

では、一体どうしたら私たちワーママはゆっくりと自分の時間を持てるのでしょう。
育児本やサイトには「夫や実家をもっと頼りましょう!」とよく書いてありますが、それができないから悩んでいるんですよね^^;

仕事は時間が決まっているし、育児も子どものことを考えるとあまりおろそかにはできない…
となると、最も削れるのは家事にかかる時間です。

1日の中で時間がかかり負担も大きい家事は何か、それをもっと減らせないか考えてみます
我が家の場合、それはスーパーでの買い出しでした。

小さなお子さんがいる方は共感して頂けるかもしれませんが、子どもをお店に連れて行くと「あれ買って〜」と騒ぎ出し、連れて歩くのも一苦労なのです。
1人ならすぐに終わる買い物が、ダラダラ30分以上もかかってしまうこともありました。

そこで現在は生協のパルシステムとイトーヨーカドーのネットスーパーをフル活用し、極力スーパーには寄らないようにしています。

私が実践している時短術は以下の通りです。

家事の時短術
  • 買い物は生協とネットスーパーで済ませる
  • 食事にはワンプレートのお皿を使い、洗い物を減らす
  • あらかじめ平日に使う野菜やお肉をカットして小分けにしておく
  • エアコン、お風呂場、キッチンの大掃除は専門の業者に依頼する(年に1回程度)

4つ目の大掃除をプロに任せるというのはちょっと勇気がいりますが、家が2〜3時間程度で見違えたようにキレイに生まれ変わるので本当にオススメです。

ワーママは外で働いているのですから、本来は家事も外注していいはずなのです。

休日にパパと子どもだけの時間を作ってもらう

平日は残業や仕事の付き合いで早く帰ってこられない夫は、休日に協力してもらいましょう。

我が家では、夫は平日の夜は飲み会やフィットネスジムに自由に行ける代わりに、日曜は子ども達とお出かけすることになっています。
私はその間ゆっくりと家の片付けをしたり、カフェや本屋で過ごしたりしています。

家族とずっと一緒にいるとどうしてもママが色々と働いてしまうので、意図的に一人になる時間はとても大事だと思います。

仕事を持つというのは自分の人生をコントロールできること

最後は心構え的な話になりますが、ワーママは時間はあまりない代わりに毎月の固定収入があります
女性が働くことが一般的になったとは言え、子育てしながらの仕事はまだまだハードルが高いのが実情です。

特に夫の扶養から外れてフルタイムで働くワーママは、給与から引かれる税金や年金・保険料の高さにうんざりしてしまいますが(私がそうです)、裏を返せば何かあっても自分で生計を立てられるということなのですよね。

時間はないけど、働き続けていれば将来子どもを希望の学校に進ませてあげることができるかもしれない。
独身時代は普通に行けていた海外旅行にまた行けるかもしれない。
欲しかったあのバッグが買えるかもしれない…

とこれは私のことですが(笑)、働くことで得られる未来を描けるようになるのは大きな強みだと思います。